新作情報

2016年8月10日発売!「震災の記録」全2巻

「震災の記録Ⅰ」

                    YZCV-8152(¥3,500円[税抜き]/¥3,780円[税込])

   [26分/モノクロ/片面1層/4:3(スタンダード)/モノラル]

(収録内容)

  ①「関東大震災Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」[1923年 大正12年] 

      1923年9月1日、午前11時58分44秒、関東地方を襲ったM       7.9の大地震。震災後の東京の様子を捉えた貴重な記録映           像。Ⅰには銀座通り、他。Ⅱには取り壊される浅草凌雲閣、          他。Ⅲには本所被服廠跡、他(一部、重複する箇所があります         が、元の映像素材を生かして収録)。

   ②「関西大震災(南海大地震)」[1946年 昭和21年] 

 1946年12月21日、午前4時19分、太平洋外側地震帯の活動により発生した関東大震災以上の大地震、M8.0の南海大地震。四国、近畿地方に大きな被害をもたらした。

③「福井大地震」[1948年 昭和23年] 

   1948年6月28日、午後5時14分、北陸地方を襲ったM7.1の大地震。中でも福井県の被害は    大きく、福井市をはじめ1市6郡が壊滅的な被害を受けた。

 

「震災の記録Ⅱ」

                  YZCV-8153(¥3,500円[税抜き]/¥3,780円[税込])

   [28分/モノクロ/片面1層/4:3(スタンダード)/モノラル

  (収録内容)

    ①「暴威の記録 - 十勝沖地震 -」[1952年 昭和27年] 

         1952年3月4日、午前10時22分44秒、北海道南東部太平          洋岸、東北三陸地方を襲ったM8.2の関東大震災以上の大          地震。特に、日高、十勝、釧路の三地方の被害は甚大であ          った。

      ②「朝日ニュースNo.989/特集 新潟大地震」

                                                              [1964年 昭和39年] 

   1964年6月16日、新潟県を中心に、山形、秋田の両県にも被害をもたらしたM7.7の大地震。

③「朝日ニュースNo.1196/北日本に地震禍 十勝沖地震」[1968年 昭和43年] 

     1968年5月16日、 午前9時49分、北海道、東北地方を襲ったM7.8の大地震。

④「朝日ニュースNo.1509/伊豆半島沖大地震」[1974年 昭和49年] 

     1974年5月9日、静岡県伊豆半島南部を襲ったM6.8の大地震。

 


2015年7月22日発売!「満洲建国と日中戦争」3タイトル

第一巻「満洲事変から満洲建国へ」

      (昭和6年[1931年]~昭和11年[1936年]) 

[作品内容]

日本にとって、昭和6年9月18日、中国、奉天郊外の柳条湖において南満州鉄道の線路が爆破され起こった´満洲事変`は、満州建国のきっかけになるとともに、中国、そして米英との戦争への序章ともなりました。 この巻では、満洲事変、その後の日本軍による中国東北地方(満洲)の制圧、満洲国の建国、溥儀の満洲皇帝への即位。また、当時の満洲国の様子を、当時の日本、ソ連、満洲、各国それぞれの視点で撮られた記録映画を、年代を追って収録し振り返ります。

※この作品は、無声映像等に音楽、解説を加えてあります。


[収録映像]

 (昭和6年[1931年]) 満洲事変 建国之回憶 ソ連軍撮影映像1931

 (昭和7年[1932年]) ソ連軍撮影映像1932<上海事変>

      満州建国<満洲国建国宣言 満洲協和会発足> 日満議定書調印

                               満州帝国大観

 (昭和8年[1933年]) 熱河省都承徳占領

 (昭和9年[1934年]) 満洲国帝政実施<溥儀皇帝即位>

 (昭和10年[1935年~]) 満洲国 楽土新満洲 満州帝国大観<○満洲の政治・産業 ○大連、奉                                           天、ハルビン、新京の風景 他>               

                                                                           ※上記の映像は「満州アーカイブス」、他より

スタッフ□監督・編集:葛岡宏真/編集・選曲:中村 哲/ナレーター:清水峰夫

定価:¥3,500円+税/YZCV-8115/SALE ONLY/約53分/片面・一層/モノラル+ステレオ(BDデジタル)/モノクロ/4:3)

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

第二巻「日中戦争 開戦へ」

            (昭和12年[1937年]~昭和17年[1942年])

[作品内容]

この巻では、1937年、昭和12年7月7日、北京西南の盧溝橋において、演習中の日本軍に対し、何者かが銃撃を行ったことをきっかけに日中の軍が交戦状態になり、それが拡大していった日中戦争から、1939年、昭和14年、日本、ソ連の極東での派遣争いが表面化した、満洲国とモンゴル人民共和国の国境ノモンハンで起こった軍事衝突“ノモンハン事件”経て、1941年、昭和16年12月8日、アメリカ、イギリスから、中国からの撤兵を求められた日本が、それを拒否し、米英に対して宣戦布告し始まった“太平洋戦争”。それらの歴史の流れを、当時の日本、ソ連、満洲、各国それぞれの視点で撮られた記録映画を、年代を追って収録し振り返ります。

                                                  ※この作品は、無声映像等に音楽、解説を加えてあります。

[収録映像]

(昭和12年[1937年]) 日中戦争勃発 蒋介石 国民党軍< 盧溝橋事件>

       娘子関占 北支戦線第59報)<太原攻略  上海、南京占領>

       ソ連軍撮影映像1937<上海、南京攻撃>

(昭和14年[1939年]) ノモンハン事件 ソ連軍撮影映像ノモンハン 満州建設 勤労奉仕隊

(昭和16年[1941年]) 太平洋戦争開戦 儼たり日本海軍

(昭和17年[1942年]) 慶祝建国十周年 蒙古馬の戦力化 沃土に生く 開拓十年

        北の護り 第二集

                                                                           ※上記の映像は「満州アーカイブス」、他より

スタッフ□監督・編集:葛岡宏真/編集・選曲:中村 哲/ナレーター:清水峰夫

定価:¥3,500円+税/YZCV-8116/SALE ONLY/約56分/片面・一層/モノラル+ステレオ(BDデジタル)/モノクロ/4:3)

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

 第三巻「ソ連軍侵攻、そして終戦へ」

            (昭和18年[1943年]~昭和20年[1945年])

[作品内容]

この巻では、大陸における日中戦争においても、太平洋戦線における英米との戦争おいても、戦局が思うように行かなくなりつつあった1943年、昭和18年頃から、1945年、昭和20年の太平洋戦争における日本の敗戦、そして降伏。時を同じくしてのソ連軍の満洲への侵攻。関東軍とソ連軍の戦闘が始まるが、日本がすでに降伏している中、ソ連軍の侵攻を止めることはできず、満洲国は崩壊。そして、中国大陸においても日本は敗戦。ここに日本は終戦を迎えることになる。それらの歴史の流れを、当時の日本、ソ連、満洲、各国それぞれの視点で撮られた記録映画を、年代を追って収録し振り返ります。

※この作品は、無声映像等に音楽、解説を加えてありま                                                                す。

[収録映像]

(昭和12年[1937年]) 日中戦争勃発 蒋介石 国民党軍< 盧溝橋事件>

       娘子関占 北支戦線第59報)<太原攻略  上海、南京占領>

       ソ連軍撮影映像1937<上海、南京攻撃>

(昭和14年[1939年]) ノモンハン事件 ソ連軍撮影映像ノモンハン 満州建設 勤労奉仕隊

(昭和16年[1941年]) 太平洋戦争開戦 儼たり日本海軍

(昭和17年[1942年]) 慶祝建国十周年 蒙古馬の戦力化 沃土に生く 開拓十年

        北の護り 第二集

                                                                           ※上記の映像は「満州アーカイブス」、他より


(昭和19年[1944年]) 大陸戦場<大陸打通作戦> 汪国府主席逝去 北に儼たり 防空陣

        決戦出荷 桂林攻略<大陸打通作戦> 蘭花隊 この決意 新京

(昭和20年[1945年]) 精強国軍 決戦へ銃後は鍛へる 増産 滅敵/採鉱 松根油

        輸送・整備国軍部隊

(昭和20年[1945年]) 終戦 日本海軍 ソ連軍撮影映像 満洲の終焉1945

                                                                          ※上記の映像は「満州アーカイブス」、他より

スタッフ□監督・編集:葛岡宏真/編集・選曲:中村 哲/ナレーター:清水峰夫

定価:¥3,500円+税/YZCV-8117/SALE ONLY/約63分/片面・一層/モノラル+ステレオ(BDデジタル)/モノクロ/4:3)

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

幻の国“満洲”とは?“日中戦争”とは何だったのか?

 「満洲建国と日中戦争」全3巻組

      (昭和6年[1931年]~昭和20年

                                        [1945年])      -満洲事変から昭和の15年戦争へ-

第一巻「満洲事変から満洲建国へ」    

第二巻「日中戦争 開戦へ」

第三巻「ソ連軍侵攻、そして終戦へ」

   ※上記の映像は「満州アーカイブス」、                                                                                                                                  他より

スタッフ□監督・編集:葛岡宏真/編集・選曲:中村 哲/ナレーター:清水峰夫

定価:¥10,000円+税/YZCV-8118/SALE ONLY/約172分/片面・一層/モノラル+ステレオ(BDデジタル)/モノクロ/4:3)

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

2014年7月9日発売!「産業遺産紀行Ⅰ」4タイトル

「産業遺産紀行 京都を救った人工の川  琵琶湖疎水」

[作品内容]

京都の町を静かに流れる“琵琶湖疏水(びわこそすい)”は、琵琶湖の湖水を、京都市へ送るために作られた水路(疏水)である。1890年に完成した大津市三保ヶ崎から京都市東山区蹴上までの水路を「第一疏水」、次いで、1912年に完成した水路にほぼ沿う形の全線暗渠のものを「第二疏水」という。疏水は、水道用水として、また、営業用として日本初となる水力発電、灌漑、工業用水などに使われた。電力は日本初の電車、京都電気鉄道、のちの京都市電を走らせたのを始め、工業用動力として使われ、京都の近代化に貢献した。また、水運にも用いられ、琵琶湖と京都、京都と伏見、宇治川を結んだ。落差の大きい蹴上と伏見にはケーブルカーと同じ原理のインクラインが設置され、船を線路上の台車に載せて移動させた。疎水は、現在も平安神宮神苑や円山公園をはじめとする東山の庭園に、また京都御所や東本願寺の防火用水として利用されている。

定価:¥2,000円+税/YZCV-8106/SALE ONLY/約27分/片面・一層

日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー/16:9 LB)

 

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 映像資料バンク

日本の製糸産業の夜明け

「産業遺産紀行 製糸家の湯 片倉館と富岡製糸場」

[作品内容]

長野県諏訪市上諏訪温泉にある片倉館(かたくらかん)は、諏訪湖を望んで建つ洋風建築で、製糸産業が盛んであった頃の象徴です。大正から昭和初期にかけての日本の主要な輸出品であった絹製品を扱い、シルクエンペラーと称された片倉財閥により地域住民に厚生と社交の場を供するために建てられた。日本の近代的な製糸産業は、官営の富岡製糸場(とみおかせいしじょう)の創業に端を発する。富岡製糸場は、養蚕業の盛んだった群馬県富岡市にあった日本初の機械製糸工場である。明治5年(1872年)に操業を開始、民営に変わり、昭和62年(1987年)まで約115年間操業を続けた。富岡製糸場は、フランスから繰糸機や蒸気機関等を輸入し、それまで欧米に対し、生産量、質の面で大きく劣っていた日本の製糸業を、世界でも有数のものにした。数百人の女工が全国から集められ、後に全国に建設された製糸工場に繰糸の方法を伝授する役割も果たした。ここで最新の製糸技術を習得した諏訪郡川岸村(岡谷市)の伝習工女たちと地元事業家の片倉兼太郎によって創められた垣外製糸場が、後に「OKAYA」の名を世界に広めることになった。

定価:¥2,000円+税/YZCV-8107/SALE ONLY/約27分/片面・一層ディスク/日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー/16:9 LB/ 

                                  

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 資料映像バンク

「産業遺産紀行 日本の鉄道とトンネル 笹子と関門から」  

[作品内容]

廃線となった碓氷峠に今も残るトンネルや橋梁群。山谷の多い日本で鉄道を敷くにはトンネル掘削の技術などが不可欠であり、当時の技術では難しいとされていた。そんななか、日本で初めての本格的なトンネルや橋梁を日本人の手で築こうと挑戦したのが、当時の鉄道局長“井上勝”であった。延長11.2kmの間に18の橋梁と26のトンネルが建設され、着工から1年9ヶ月後の1892年12月22日に工事が完了し、翌年4月1日、官営鉄道中山道線(後の信越本線)として横川~軽井沢間が開通した。碓氷峠を越えることから「碓氷線」、また、横川と軽井沢から「横軽(よこかる)」とも呼ばれた。橋脚に石柱を組み合わせたりレンガを縦に積むなどの地震対策が採り入れられた事などが評価され、碓氷第三橋梁などの一連の橋梁、隧道などは、近代化遺産として国の重要文化財に指定されている。

定価:¥2,000円+税/YZCV-8108/SALE ONLY/約28分/片面・一層ディスク2日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー/16:9 LB/

                          

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 映像資料バンク

「産業遺産紀行 近代橋梁物語 橋の都・東京」

[作品内容]

隅田川に広がる橋のある風景。隅田川(すみだがわ)は、古くは835年(承和2年)の太政官符に「住田河」として記されており、「宮戸川」などとも呼称されていた。江戸時代に入ると、吾妻橋周辺より下流は大川(おおかわ)とも呼ばれていた。また、大川右岸、特に吾妻橋周辺から新大橋周辺までを大川端(おおかわばた)と称した。江戸の経済活動は、水運によって支えられ、川や堀には900もの橋が架けられていた。明治になっても橋は重要な役割を果たし、政府は木造から、頑丈で火事にも強い石造や鉄の橋に架け替える大事業に着手する。このとき造られた橋の数々は、当時の日本の橋梁技術の高さを内外に示すものであり、帝都を飾るに相応しいものであった。現在、隅田川に架かる勝鬨橋(かちどきばし)、永代橋(えいたいばし)、清洲橋(きよすばし)、吾妻橋(あずまばし)、言問橋(ことといばし)等は、かつての帝都の偉功を今に伝えている。

定価:¥2,000円+税/YZCV-8109/SALE ONLY/約28分/片面・一層ディスク/日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー/16:9 LB/                                                                                          

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス                                

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 映像資料バンク 

2014年8月6日発売!「産業遺産紀行Ⅱ」4タイトル

「産業の母」としての100年史

「産業遺産紀行 鉄 は 国 家 な り  八 幡 製 鉄 所」

[作品内容]

福岡県北九州市に残る東田第一高炉の遺構。明治政府の掲げる殖産興業のスローガンの元、日清戦争に勝利した日本は、1901年(明治34年)、建設期間10年を経て、東田第一高炉で火入れを行った。この溶鉱炉は、常に鉄の歴史を見守ってきた。「鉄は国家なり」の言葉通り、日本の産業の心臓部として、経済の中心を支えたのが鉄であった。八幡製鐵所は、福岡県北九州市八幡東区にある銑鋼一貫製鉄所である。釜石鉱山田中製鉄所に続き、日本国内で2番目の製鉄所であった。八幡村が選ばれたのは、軍事防衛上や原材料入手の利便性などが挙げられており、特に筑豊炭田から鉄道や水運で石炭を大量・迅速に調達できるメリットが大きかった。第二次世界大戦前には、日本の鉄鋼生産量の半分以上を製造する国内随一の製鉄所であった。戦時中は航空機用鋼増産等の鉄鋼需要を支え、戦後は重工業の発展に伴う需要増加に応えた。現在は新日鐵住金(旧:新日本製鐵)が運営する。

定価:¥2,000円+税/YZCV-8110/SALE ONLY/約27分/片面・一層ディスク日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー(一部モノクロ)/16:9 LB                                                                    

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス                             

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 映像資料バンク

     

「産業遺産紀行 黒ダイヤとよばれて 三井三池と筑豊の盛衰」  

[作品内容]

福岡県大牟田市にある三井三池炭鉱宮原竪坑跡(みついみいけたんこうみやはらたてこうあと)。この遺産が見続けたのは、「黒いダイヤ」といわれた100年に渡る盛衰の歴史と、その影にあった誇りを持って働いてきた人々の努力と闘いであった。三井三池炭鉱は、大牟田市・三池郡高田町(現・みやま市)及び熊本県荒尾市に坑口を持っていた炭鉱である。江戸時代から採掘が行われ、明治時代には官営事業となり、1889年、三井財閥に払下げられた。富国強兵政策の基幹産業として日本の近代化を支え、戦後は経済復興の原動力となった。しかし、石炭から石油への主要エネルギーの転換、コストの高い国内炭からコストの安い輸入炭への流れ等による石炭産業の斜陽化、激しい労働争議、度重なる事故での疲弊により、1997年3月30日、ついに閉山の日を迎えた。ただ、炭鉱関連の遺産が多数残っており、明治以来の日本の近代化の証として、近代化遺産(産業遺産)の面から注目されている。

定価:¥2,000円+税/YZCV-8111/SALE ONLY/約27分/片面・一層ディスク日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー(一部モノクロ)/16:9 LB                                                                      

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス                           

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 映像資料バンク

「産業遺産紀行 福沢桃介と共に 木曽川水系電源開発」  

[作品内容]

木曽川の流れを利用した37ヶ所もの水力発電所群。発電能力が大きな水力発電は、近代化の基盤となるエネルギー確保を担ってきた。木曽川(きそがわ)は急流である上に水量が豊富な事から、水力発電には絶好の適地であった。だが、明治、大正期当時は氾濫を繰り返し、木曽川のダム建設は困難極まりなかった。木曽川最初の発電所は、明治45年に運転を開始した岐阜県八百津町の八百津発電所(やおつはつでんしょ)である。この発電所は、福沢諭吉の婿養子で、実業家、政治家の、「日本の電力王」と言われた福沢桃介(ふくざわももすけ)が手がけたもので、桃介は、この発電所を建設中に上流部の水利権をまとめて掌握。大正8年の岐阜県中津川市の賤母(しずも)発電所を皮切りに次々と発電所を建設し、木曽川は日本屈指の発電地帯となった。そして大正13年、岐阜県恵那郡に、日本初の本格的なダム式発電所、大井発電所が延べ120万の労働者の力と最新技術によって完成した。

定価:¥2,000円+税/YZCV-8112/SALE ONLY/約27分/片面・一層ディスク日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー(一部モノクロ)/16:9 LB

                                   

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス                             

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 映像資料バンク

「産業遺産紀行 それは歓喜坑から始まった 別子銅山」 

[作品内容]

四国屈指の臨海工業都市、愛媛県新居浜市。海べりの一寒村だったこの町が発展を遂げたのは、日本最大の銅山、“別子銅山(べっしどうざん)”の発見によるものです。別子銅山の鉱床は、純度の高い黄銅鉱(銅の鉱石)、黄鉄鉱を産出した。1690年(元禄3年)に発見され、翌1691年から1973年(昭和48年)まで、約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易や近代化に大いに貢献した。最初にここを発見した一行が歓喜の声をあげた「歓喜坑」は、当時は人跡未踏の地にあった。その後、別子銅山が日本三大鉱山の一つに数えられるようになる事を、当時の一行は予測できたでしょうか。最初の採鉱は海抜1,000メートル以上の険しい山中(別子山村)であったが、時代と共にその中心は新居浜市側へと移った。坑道は全長700キロメートル、また、最深部は海抜マイナス1,000メートルにもおよび、日本における人間が到達した最深部であった。

定価:¥2,000円+税/YZCV-8113/SALE ONLY/約27分/片面・一層ディスク/日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー(一部モノクロ)/16:9 LB                                                                      

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス                             

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 映像資料バンク

「産業遺産紀行」全8枚セット                

近代日本の建設のために取り組まれた八つの代表的な巨大プロジェクト、「琵琶湖疏水」「富岡製糸場」「笹子トンネルと関門トンネル」「日本橋や勝鬨橋などの東京の橋梁」「八幡製鉄所」「三井三池炭鉱」「木曽川水系のダム群」そして「別子銅山」の全8枚。 

 

 定価:¥15,000円+税/YZCV-8114/SALE ONLY/約230分/片面・一層ディスク/日本語ステレオ(BDデジタル)/カラー(一部モノクロ)/16:9 LB        

                                   

発 売 元:株式会社 ケー・シー・ワークス                       

販 売 元:クラウン徳間ミュージック販売 株式会社

映像提供:株式会社 資料映像バンク

2013年9月4日発売!「パンくん&ジェームズ みやざわ劇場の全記録」

DVD「パンくん&ジェームズ」全国発売!

さよなら&ありがとう″パンくん″! もう二度と見ることのできない″パンくん″の愛らしい姿が映像で甦る!!

日本テレビ系「天才 志村動物園」で、"志村園長"と名コンビを組んだ天才チンパンジー"パンくん"。彼の地元"阿蘇カドリー・ドミニオン"でのみ、引退記念として販売されていた″パンくん&ジェームズ″の9年間の軌跡を収めた限定メモリアルDVDがついに全国発売!秘蔵写真満載のフォトブック付きセットも同時発売!

 

DVD「パンくん&ジェームス みやざわ劇場の全記録」[YZCV-8082]

 カラー/収録時間:約52分/ディスク仕様(片面1層)/画面サイズ(16:9 LB)/音   声仕様(ドルビーステレオ)

 [価格] ¥1,000円(税込)

「パンくん&ジェームス みやざわ劇場の全記録」DVD+フォトブック付きセット                                                                                                                 [YZCV-8083]

 [フォトブック]オールカラー/80ページ/A5判変形(天地 187mm 左右 175mm)

  [価格] ¥2,000円(税込)

【商品内容】

DVD⇒2004年「夢のなる木」から2011年「海賊パンの冒険」まで、みやざわ劇場パンくん主演作品を懐かしいパンくんの映像と宮沢厚氏の撮り下しコメント付きでPLAYBACK。勿論、名コンビの"ジェームズ"も登場します。

パンくんとの出会い(2003) ◎「夢のなる木」(2004) ◎「ドリトル先生」(2005)

「パンinイリュージョン」(2006)  「パンくんとジェームズの爆笑世直し珍道中水戸黄門」(2007)  ◎「孫悟空」(2008年) ◎「パンの惑星ジェームズ大王の逆襲」(2009)  ◎「名探偵パンジェームズ殺人事件」(2010) ◎「海賊パンの冒険ジェームズの秘宝」(2011)  ◎ パンくん最後の主演作品は?(2012) 

フォトブック⇒パンくん&ジェームズの魅力と、みやざわ劇場で過ごした日々、そして宮沢さんの熱い思いを込めた記念すべき一冊。

◯秘蔵写真をふんだんに使ったグラビア ◯2人が出演した全8作品の記録 ◯パンくんとジェームズの素顔に迫る特集 ◯電撃!ショー主役引退発表の真相  ◯チンパンジー学習の森で過ごすパンくんのこれから ◯そして宮沢さんの思いを込めたパンくんへの手紙。

 

 

kc-wk.com

「三国志」シリーズ

「三国志 完全版」
「三国志 完全版」
「三国志演義」4巻組
「三国志演義」4巻組

「日本と中国の名刹」DVDシリーズ販売

DVD「中国名山名刹」全12巻
DVD「中国名山名刹」全12巻
DVD「京都の名刹」全16巻
DVD「京都の名刹」全16巻
DVD「奈良の名刹」全8巻
DVD「奈良の名刹」全8巻
DVD「珠玉の仏教美術」全8巻
DVD「珠玉の仏教美術」全8巻

Play Movie

フォトギャラリーをご覧ください。

南進台湾より
南進台湾より
祇園祭り
祇園祭り

【KCW特選】

 

「プロ野球シリーズ」DVD

祝!日本プロ野球世界一
「日本プロ野球物語」全5巻
日本プロ野球草創期の姿

甦る。

 

 PICK UP 作品

DVD「犬と暮らそう」
DVD「犬と暮らそう」

犬と暮らしたいとお思いの方に、色々なタイプ別の犬選び、最初にやっておきたい基本的な“しつけ”、普段の健康管理の仕方を、専門家が分かりやすくお教えするDVDです。
 

ダウンロード販売専用サイト
ダウンロード販売専用サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(株)ケー・シー・ワークス